小判

11/7→11/28→11/29と会場借りたい希望日が流れ流れて開催となった29日に中百舌鳥ゲーム会がありました。
ということで12時頃に会場入りして机準備して昼を食う。最近めっきり寒くなったので暖房も入れる。そういえば以前、暖房入れつつ換気扇回しっぱなしで寒かった失敗談。いつまでたっても温くならないっていう。

しばらく待ってますと続々と人が集まってきまして、14時までには15人ほど来てました。大体参加予定の人も来てたので丁、度始まろうとしていた『ハイテンション利休』に入れてもらいました。

・ハイテンション利休
利休に茶器を献上することで茶菓子(小判)を獲得し、茶器でテンションの上がる利休に合わせて小判獲得で上がるプレイヤーのテンションを調節していくゲームです。

バッティングゲームですが、プレイヤーは順番に茶器カードをプレイするので意図的にバッティングさせることができ、バッティングすると茶器献上の権利を失います。献上する茶器の価値で小判の貰える量と利休のテンションが変わるので、あえてバッティングするのか、それとも避けるのかといった考えどころがありますね。

「おやおや、そのような茶器で利休殿が喜ぶと思いか?」みたいなロールプレイ続出。なかなか盛り上がりますね。
利休のテンションがぐんぐん上がるも、プレイヤーたちの山吹色の茶菓子(小判)獲得によるテンションの上がりっぷりがそれを上回る始末。全員が詫び寂を理解できませんでした。なおこの場合は利休によりテンションが近い人が勝ちます。というか利休のテンションより下だと足きりで負けなんですが。ルール説明では「詫び寂を理解して勝負から身を引く」ということらしい。


さて『ハイテンション利休』のあと、丁度到着して1人あまってたTさんととりあえずで『アンギャルド』をやりました。

[PR]
by odorokicoin | 2015-12-11 19:44
小判が欲しかった >>